トップ 膵臓や胆嚢について胆汁の働き

胆汁の働き

胆汁は肝臓が生成している黄褐色の液体です。アルカリ性で、日に600ミリリットルほど分泌されています。食事のたびに送り込むことが必要なので、普段は胆嚢に溜められています。

胆汁とは?

「胆汁(たんじゅう)」は、胆嚢に溜められているアルカリ性の液体です。
肝臓の中で常に分泌され続けています。
黄褐色をしていて、この胆汁の流れが正常でなくなるといわゆる「黄疸」になってしまいます。
脂肪分を消化する大切な役割がありますが、食事のタイミングに合わせて十二指腸に送り込む必要があります。
そのため、常に作り続けている胆汁をいったん胆嚢に溜め、必要なときに流し込みます。
肝臓の中でも、肝細胞によって作られており、日に600ミリリットルが分泌されます。
ちなみに、消化にかかわりますが消化酵素は含まれていません。

胆汁の成分

胆汁に含まれる成分は「胆汁酸塩」「胆汁色素」「コレステロール」「ビリルビリン」です。
、このコレステロールは、胆汁の成分としていっしょに体外に排出されるものです。
成分の中に良いはたらきをするものと、体の外に捨てるものがいっしょに含まれているのが胆汁の特徴と考えられます。
胆汁色素は濃い緑、ビリルビリンは濃い黄色をしています。
体内にある物質としては少々驚いてしまうような色ですが、胆汁自体は濃い褐色~緑っぽい色をしています。
脂肪を分解する上で重要なのが脂肪酸塩です。
脂肪を分解し、小腸に吸収させやすくします。

胆汁のはたらき

胆汁は、主に3つに分類されます。
「ファーター乳頭から分泌するA胆汁(胆管胆汁)」「胆嚢で濃縮するB胆汁(胆のう胆汁)」「肝細胞で産生するC胆汁(肝胆汁)」です。
作られたばかりの胆汁はほとんどが水分でできていてサラサラです。
これが胆嚢に送り込まれ、溜められることで凝縮されます。
もっとも大きな役割としては脂肪分の「乳化」、そしてタンパク質の分解です。
このはたらきによって腸からの吸収が可能になります。
また、コレステロールを体外に排出する点も大切です。
ちなみに胆汁も腸から吸収され、また肝臓に戻るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX

膵臓の病気

検査や治療