トップ その他膵臓・胆嚢の病気胆道ジスキネジア

胆道ジスキネジア

食後に右上腹部に重くなり腹痛が続くなどしても胆石も炎症も、ガンも見られないことがあります。これが「胆道ジスキネジ-」です。

胆道ジスキネジアとは

食後に右上腹部に重くなり腹痛が続く、吐き気と嘔吐が見られる、下痢や膨満感じが続くなどすれば、通常は胆道の病気を疑います。
しかし、これらの症状から患者の体を調べてみても、胆石も炎症も、ガンも見られないことがあります。
これが「胆道ジスキネジ-」です。
胆嚢収縮のためのホルモン注射によっていくつかの反応があることから緊張亢進型と運動亢進型、緊張低下型に分類されています。
症状は最初に挙げたように胆道系の代表的な疾患と非常に似ています。
これは、胆のうの働きがなんらかの理由で阻害されていて胆汁の排泄が出来ないためです。

胆道ジスキネジアの原因

原因はおもに胆のうとファーター乳頭のはたらきの不具合とされています。
食事によって胆汁を排出するには、これら二つの作用が必要だからです。
炎症や結石がないのにも関わらず異常が起こるということは、はたらき自体にトラブルがあると考えられるのです。
この胆道ジスキネジーの場合は、胆のうが収縮してもファータ-乳頭が反応しないことが考えられます。
この結果、胆道の内圧はどんどん高まっていき、さまざまな症状があらわれてしまうというわけなのです。
詳細は不明と去れていますが、自律神経やホルモンの分泌異常などが一説の原因として知られています。

胆道ジスキネジアの治療

通常の炎症や結石のように、超音波などの画像診断を行って胎内を調べていきます。
炎症も結石も見つからないようであれば、胆道ジスキネジアというわけです。
機能同士の接続が上手くいかない状態で、それぞれの機能そのものが感染したりしているわけではありません。
そこで、暴飲暴食を避けて安静にしつつ食事療法と薬物療法を行うのが有効とされています。
場合によっては精神療法も使われています。
基本的に外科的な方法は用いませんが、蒸気の治療を行っても効果がないようであれば手術もします。
胆嚢の摘出やファーター乳頭の切開が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX

膵臓の病気

検査や治療